2つの「ちょうけい」手術



長茎手術はペニスを長くする手術で、長径手術はペニスを太くする手術です。
中には長茎手術をペニスを長く・太くする手術としている病院やクリニックもあります。

この2つの「ちょうけい」手術は、男性のペニスのコンプレックスを解消出来る人気の手術です。
日本人のペニスのサイズは世界的に見るとやや小さめで、セックスで相手を満足させようと「ちょうけい」手術をする人が多いです。

包茎の改善にも大きく期待出来るので、サイズアップ以外に包茎治療の為に受ける人も年々増えています。
全ての包茎ではなく、1番軽度な仮性包茎だけ治せます。
しかし包茎に悩む人の70%は仮性包茎だというデータがあるので、バカに出来る治療法ではありません。

仮性包茎は自分で亀頭を覆う皮をムケたり、勃起すると自然にムケる状態です。
皮で覆われている部分以上に陰茎が長く太くなればムケたままの状態になり、結果的に包茎が改善されるのです。
「ちょうけい」手術で包茎治療をするメリットは、皮を切らないので傷痕が付かない事です。

また、埋没包茎や老人性包茎という特殊な包茎は皮を切る普通の包茎手術では意味がなく、やはり長茎手術が最も効果的です。
これらの包茎はペニスが体内に埋没しているせいで起こるので、それ以上にペニスを露出させればいいのです。
長茎手術で、埋没している陰茎を肥大化した下腹部から取り出します。

包茎手術の時に長茎手術も行い、確実に包茎を治療すると共に2度と包茎にならない立派なペニスになりましょう。